アイピルは通販がお得!ジェネリックなら通販で1000円程度で購入できて備えて安心な緊急避妊薬です。

アイピルなら緊急避妊も格安

アイピルの効果

詳しく効果を解説

投薬

アイピルは緊急避妊薬として高い避妊効果を発揮すると実証されていますが、体にどのような作用を用いているのか避妊効果をより詳しく解説しましょう。

有効成分のレボノルゲストレルは日本でも認可されている成分で、黄体ホルモンが女性ホルモンに働きかけホルモンバランスを変化させて排卵前なら排卵を遅らせる効果があります。もし受精してしまった場合でも受精卵を着床しないよう働きかける事で消退出血させて生理を起こします。
精子の活動期間は通常2日~3日程度ですが、その期間に排卵するのを遅らせ受精する可能性を下げる効果があります。
ほかにも、女性の子宮頚管の粘液を硬化させて子宮内へ進入しようとする精子を防ぐ働きもあります。
このような事から、あらゆる手段をとって避妊する効果があるのが分かります。
性行為後から72時間以内のアイピル服用により高い避妊効果が得られます。
性行為後からアイピル服用の時間経過による避妊率のデータを紹介します。

・24時間以内(1日)の服用 避妊率95%
・48時間以内(2日)の服用 避妊率88%
・72時間以内(3日)の服用 避妊率75%

このように服用が早ければ早いほど避妊率が上がります。逆に性行為から時間が経つほどに妊娠するリスクは高まります。
避妊効果を上げたいなら服用するまでの時間は断然早い方が高い避妊効果が得られます。

アイピルは身体への負担が少なく妊娠率が低い低用量ピルなので安全性や信頼性の高い緊急避妊薬です。
世界保健機関(WHO)にも安全性や有効性が高く認められており、アフターピルの中でも主流となっています。
毎日服用する必要はなく緊急時のみ服用すればよいので、望まない妊娠をしないためにも常備しておくのがよいでしょう。

アイピルの購入方法

市販では購入できない

薬剤師

このようなアフターピル(緊急避妊薬)はドラッグストアなどの市販では購入する事ができません。風邪薬や胃薬のような薬剤とは異なり産婦人科などの医療機関によって医師からの処方箋により薬局でしか薬を受け取る事はできません。

風邪薬や胃薬などと同じようにドラッグストアなどの市販で購入できれば多くの女性が利用できるとも考えられますが、緊急避妊薬のアフターピルには服用するにも時間や薬によっても服用回数などが決められています。特に通常の医薬品などに比べて身体へかかる副作用が大きいため医師からの説明を受けて処方してもらう形になります。

実は日本は先進国の中でもアフターピル(緊急避妊薬)の使用率は他国に比べかなり低く、その半面で妊娠中絶をする割合は他国に比べ高いとのデータがあります。つまりこれは他の先進国に比べて性教育への疎さや個人の性に対しての意識の低さが背景にあるとの見方があります。
このような日本独自の問題があり、これから多くの人が避妊に関して興味を抱きアフターピルで避妊する方法があることを認識して共有する事が大事です。
避妊や妊娠といった性的な問題はプライバシーに関わり、なかなか家族や友人に相談できない事だと思います。ですが、もし妊娠してからでは中絶するにも多額の金銭面の負担や心体面への傷は大きく残ります。もし中絶したとしても罪悪感や今後の性行為に対して臆病になる可能性もあります。
望まない妊娠をしないためにも、緊急避妊薬のアイピルの服用でしっかりと避妊する事ができます。

アイピルの楽天・amazonでの購入

大手通販では購入できない

パソコン

アイピルなどの緊急避妊薬は大手通販サイトの楽天やamazonにて購入する事はできません。これらの緊急避妊薬は現在日本の薬事法に基づき、医師からの処方箋がない薬剤は購入する事ができない仕組みになっています。よってドラッグストアなどでも購入できない医薬品に関しては販売する事もできません。

詳しく説明すると、日本の厚生労働省が定めた安全性や有効性を守るため、医薬品を安心安全に使用してもらうための有効性や安全性による健康被害や命に関わる医薬品ではない立証を行なわなければならないのです。
薬物の乱用や化学物質の防止、安全対策を目的としたものにより市販後の服用による危険性をなくす必要があります。
法律によって市販での販売がまだ認可されていない医薬品の国内販売は禁止とされています。
このような日本独自の考えがあり、薬剤に対しての安全性や慎重性を考慮しての取り組みとなっています。
よって楽天やamazonのような大手通販サイトでは購入ができない仕組みとなっているのです。

アイピル服用経過の避妊率

服用時間が早いほど避妊率は高くなる

時計と薬

緊急避妊薬としての最大効果が得られる「性行為後から72時間以内の服用」が推奨されているのには、具体的な理由に基づいてのものです。それは受精して着床するまでの時間帯と深い関わりがあるのです。
アイピルには有効成分である黄体ホルモンが女性ホルモンに働きかけ、ホルモンバランスを変化させて排卵前なら排卵を遅らせる効果があります。その期間に排卵するのを遅らせ受精する可能性を下げる効果があります。
また、受精したとしても着床するのを防ぐ働きがあり妊娠するリスクを大幅に下げる事ができます。
受精卵が着床するまでには72時間かかるとされ、その時間内にアイピルを服用できるかが避妊率を上げるうえでの大きな要素となっているのです。

アイピルは緊急避妊薬の中でも避妊効果が極めて高いですが、性行為後に服用する時間帯が遅れるにつれて避妊できる確率は低くなるようです。
性行為後から24時間(1日)以内の服用で避妊できる確率は約95%と極めて高い効果が得られている事が分かります。48時間(2日)以内の服用で避妊できる確率は約88%、72時間(3日)以内では約75%と時間が経つにつれて避妊率が低下してしまいます。
また、性行為の際にコンドーム(避妊具)の装着する事によってさらに高い避妊効果があるようです。
コンドームの活用と性行為後アイピルを早い時間で服用する事により高い避妊効果がある事を理解し、実践する事を意識して取り組むとよいでしょう。
もし高い避妊効果を得たいのであれば、性行為後はなるべく時間を掛けずにアイピルを服用するのが一番の避妊対策といえます。

アフターピル・アイピル

アイピルを通販で購入

アイピルを通販で購入

日本では避妊と言えば避妊具ですが、避妊成功率をご存知でしょうか?成功率は86%~97%ほどと言われています。数字だけを見ると高い確率に思えますが、逆に考えると14%もの方が避妊に失敗しているということです。避妊具を使って避妊している方が100人いれば14人が失敗しているということです。または100回セックスをしたら14回避妊に失敗しているという数字です。避妊失敗の原因は主に「避妊具が破れてしまっていた」「外れてしまっていた」といった単純なものですが、その内の1回でも妊娠してしまったら、そのたった1回が人生を揺るがす大きな問題です。

こんな時に役立つのがアフターピル(または緊急避妊薬)と呼ばれる避妊薬の存在です。避妊に失敗してしまった際や無理矢理犯されてしまった際などに産婦人科に行くと処方してもらえる避妊薬で、「ノルレボ」という名前で世界的に有名な薬です。しかし、産婦人科に行けば必ず診察で局部を見せなければならないため、中々行きづらいというのも事実です。

そこで便利なのが医薬品の個人輸入代行サイトです。「個人輸入」と書くと難しそうに聞こえますが、簡単な話、単なるネットの通販サイトです。海外の物を輸入する際に、面倒な輸入の手続きをやってくれるのがこの輸入代行サイトですが、使ってみると通常の通販サイトとさほど変わりません。パソコンやスマートフォンなどインターネットを利用できればこうしたサイトを利用できます。

ノートパソコンと女性

こうしたサイトで実際にアフターピルを購入しようとすると、様々なジェネリックがあることが分かります。ジェネリックとは同じ主成分で同等の効果を持つ医薬品のことで、先発薬と比較して安価な価格で購入できる薬です。アフターピルのノルレボですと、「アイピル」というジェネリックが非常に有名です。

通常、産婦人科でアフターピルを処方してもらうと15000円近く掛かりますが、アイピルは1000円~2000円前後で済みます。さほど高額ではありませんし、かさばるようなものでもありませんので、「避妊失敗」という人生を左右する事故のことを考えて、常日頃からアイピルをお守り代わりに携帯してみてはいかがでしょうか。

また緊急時に飲むことに不安はあると言う女性の場合には低用量ピルをオススメします。中でもダイアン35は小柄なアジア人向けに開発されたピルで日本女性には使いやすいものとなっています。副作用も少なく、定期的に服用することで妊娠を防ぐことが出来ます。低用量ピルのメリットは避妊効果だけでなく月経不順の改善などにも効果的でもあります。

緊急避妊とは

緊急避妊とは

女性であれば必ず知っておかなくてはいけない事は、妊娠と避妊についてです。自分には関係ない、遊んでいる人だけの問題だと思われ勝ちですが、妊娠ができる状態である女性であれば、誰でもその可能性があります。望まない妊娠となっては女性自身も生まれてきた子供も不幸になってしまう事が高く、もしも中絶という事になってしまえば、当然ながら心にも体にも一生消えないほどの傷を負ってしまう事もあります。

リスクを負うのは女性でありながら、日本では避妊というと避妊具を使う事が一般的です。男性任せになってしまい勝ちですし、破れてしまった場合などの失敗もありえます。もしも妊娠を望まないタイミングで避妊に失敗してしまったり、性犯罪に巻き込まれてしまったら、どうしようもないのでしょうか?

そんな時、女性の強い味方になってくれるのが緊急避妊という方法です。具体的に言うと、アフターピルと呼ばれる緊急避妊薬を服用します。事後でも72時間以内に服用すれば高い確率で避妊する事ができます。

アフターピルを持っているかいないかでは、女性の人生すらも変えてしまう事になります。いつ何があるかわかりませんから、女性ならお守り代わりとして常備しておくべき薬です。産婦人科に行かなくても通販で誰にも会わずに簡単に購入する事ができます。また、通販ならアフターピルジェネリックのアイピルを格安で購入する事ができます。緊急避妊をするには、アイピルなどのアフターピルを少しでも早く服用する事で避妊の成功率は高くなります。アイピルをいつでもすぐに飲めるようにしておく事が何よりも大切です。

ジェネリックのアイピル

ジェネリックのアイピル

緊急避妊薬、もしくはアフターピルと呼ばれる避妊薬は、望まない妊娠、中絶を防いでくれる女性の強い味方です。すべての女性が常備すべきとも言える薬ですが、日本ではノルレボは保険適用外になってしまい、1錠10000円以上の大変高価な薬です。風邪薬のように気軽に購入しておける価格ではありません。

アフターピルを安く購入したいという方にお勧めなのが、ノルレボのジェネリックのアイピルです。成分や効果は同じですが、アイピルなら1000円前後で購入する事ができます。世界中で高い信頼を得ているアフターピルです。

ジェネリックは、最近は日本でも普及してきていますので、安い薬だというのは殆どの方がご存じだと思います。では、何故安いかご存知でしょうか?医薬品は、先発薬とジェネリックと呼ばれる後発薬の2種類があります。薬は販売されると約20年間、特許で守られます。特許が切れるまでは、他の製薬会社は同じ成分の薬を販売する事ができません。新薬の開発には億単位の費用と長い年月がかかるので、すぐに他の会社に真似されては売り上げも落ち、新しい薬を開発する会社がなくなってしまいます。

ジェネリック

特許が切れた後、他の会社から販売されるのがジェネリックです。既にある成分なので開発にはそれほど費用や時間がかかりません。その為、先発薬よりもかなり安く販売できるのです。安全性も国の厳しい基準をクリアしなくては販売できません。味や形は先発薬と変更してもいいとされていますが、先発薬とほとんど同じ薬だと言えます。

インドは他国とは薬事法が異なり、販売されたばかりの先発薬のジェネリックを販売する事ができます。インドはジェネリック大国と呼ばれていて、薬の品質は世界トップクラスです。安く品質の高い薬である事から、国境なき医師団でも利用されています。緊急避妊薬のアイピルを製造販売しているシプラ社もインドの会社ですが、高い信頼性があります。アイピルは日本では販売されていませんが、通販で購入することができます。アフターピルはジェネリックで安く購入して、万が一緊急避妊が必要になった時にすぐに飲めるように常備しておきましょう。

アフターピルを常備すべき理由はこちら

薬の保管方法

錠剤

アイピルは性行為後の早期服用が望ましい緊急性を伴う避妊薬です。
人によっても部屋の中で保管する場合や個人のハンドバッグ内やポーチ内に保管する場合がありますが、薬の保管方法には注意が必要です。

部屋で保管する場合

部屋のクローゼット内や薬専用の保管場所を設けて保管する場合がありますが、薬は湿気のある場所で保管した場合には薬が包装されている場合でもコーティングが剥がれて成分に悪影響を及ぼす事があります。なるべく直射日光が当たる高温の場所や湿気のある場所での保管は避けるように注意してください。なるべく直射日光の当たらない湿度の低い暗所での保管をしてください。
子供や家族がいる場合、特に幼児が簡単に手の届く場所で保管する場合にも注意が必要です。知らない間に誤って薬を口に入れてしまう場合や薬を喉に詰まらせてしまう恐れがあります。
使用する自分以外の人にも注意が必要で、アイピルのパッケージ内で保管しない場合には他の薬と見間違う事で誤って服用してしまう場合があります。
人によっては服用する間隔にも違いがあり薬を使い切るまでに時間がかかり、使用期限の切れた薬を服用してしまう事もあるので使用期限が記載されているパッケージ内での保管が望ましいでしょう。
自分以外の他人が誤って薬を服用してしまった場合、副作用が起こる可能性もあるため保管には充分な注意が必要になります。
必ず個人で管理できる場所に正しく保管するように心がけましょう。

ハンドバッグ内・ポーチ内で保管する場合

自分専用のハンドバッグやポーチ内でアイピルを保管する場合にも注意が必要です。自分しか薬を使わないからという心理からパッケージとは別に薬剤を個別にする事で、他の薬と見分けがつかなくなる恐れがあります。他の薬との飲み違いがあれば、緊急避妊薬として薬そのものの意味がなくなってしまいます。ちゃんと薬の区別が分かるようにパッケージ内に収めて、直射日光の当たらない湿度の低い暗所で管理しましょう。

飲み忘れの注意

頭を抱える人

アイピルは緊急性を要する場合に服用する事で高い避妊効果を持った薬で、特に性行為後の早期服用で高い避妊効果があります。常備しておく事で妊娠するリスクを少なくする事だけでなく精神面でも大きな安心感を得られます。
しかし、常備してもいざ薬の服用が必要な際に飲み忘れをしてしまっては全く意味がありません。このような場合には常備している安心感から飲み忘れを起こしてしまう事が考えられます。
飲み忘れ防止の対策として、アナログな方法としてお薬カレンダーや投薬カレンダーを使用して管理する方法があります。カレンダー形式で1日ごとや1週間ごとに細かく設定されており、見やすく一目で管理しやすいようになっています。朝・昼・夜を別に分けたポケットがあり、飲み終えた薬をカレンダーのポケット内に入れておく事で服用管理がしやすい作りになっています。
他にも引き出し収納タイプの管理もあります。前もって必要となる薬を日別や時間帯に分かれた引き出しポケットに入れて服用管理する事ができます。
日頃から使用する事の多いケータイやスマートフォンでアラーム設定してメモにも記入する事や、個人の手帳などにも服用のメモを残しておく事で薬の飲み忘れを防ぐ方法もあります。今ではスマートフォンのアプリを使用して薬の飲み忘れや服用管理をする事ができます。メモ帳への記載が面倒な方には特にオススメで、時間を要さず管理できるため大変便利です。
日頃から必ず目を通しているツールに一目で分かるメモを残す事が何より大事になります。
個人で管理しやすい方法を選び薬の飲み忘れを防ぎましょう。

生理日をずらせる効果がある

女医さん

多くの女性にとって生理は生活する上で大きなストレスの原因や行動する際の支障となる場合があります。
恋人や友人との旅行・試験や結婚式・大事な仕事などの際に生理が起こっては強いストレスにもなります。また、大好きな趣味や運動をしてストレス解消するはずが、生理によって逆にストレスを起こしてしまう場合もあります。
精神的にも肉体的にも負担がかかり、自分では感情をコントロールできない事がよくあります。
個人差はありますが生理は28日周期で起こる症状です。アイピルを服用する事で生理日をずらせる事が可能です。
生理日をずらせるには月経の始まった際に服用し続ける事と排卵後に服用し続ける事によって可能となります。
早めに生理がくるようにするには月経が始まった際に服用し続ける、遅めに生理がくるようにするには排卵後の高温期に服用し続けるのが望ましいとされています。
薬の長期服用は副作用が起こる可能性も高まるため、生理(消退出血)が起こった後には服用を休止するように心がけましょう。
このようにアイピルには避妊以外にも生理周期をコントロールできる優れた効果もあるのです。

避妊とコンドーム(避妊具)への意識

ポケットに入る避妊用具

性に対しての意識と同様で避妊に対しての意識も人それぞれの価値観に違いがあります。
日本では性行為の際にコンドームなどの避妊具を装着する事で、妊娠を回避できると考えている人は多いですが、実際にはコンドームを使用した際の避妊率は約95%と決して完全な確率ではありません。
性行為の際にコンドームが破れている事に気づかない場合や性行為の途中から装着した場合には妊娠する確率も必然と高くなってしまいます。
子供の頃から性に対しての教育が徹底されている欧米諸国では、避妊する場合には性行為の際にコンドームの装着と緊急避妊薬の服用をしている方が圧倒的に多いとの事です。これは、他の先進国と比べて緊急避妊薬を服用しない事によって中絶手術する割合が非常に多い日本の現状が裏付けられています。
妊娠を避けたい場合には、性行為の際にコンドームを装着する事と性行為後にアイピル(緊急避妊薬)を服用する事が大変望ましいです。

アフターピル 種類の紹介

カプセル

アイピルのような緊急避妊薬は他にも種類がありますので紹介します。

・マドンナ
黄体ホルモンに作用しホルモン量を増やし、子宮内膜の増殖を防ぎ受精した場合でも着床をしにくくする働きがある(着床阻害)。排卵を抑え受精を阻害し受精卵の着床阻害を起こさせ妊娠を防ぎます。
有効成分:レボノルゲストレル
・ポスティノール
有効成分レボノルゲストレルの作用により、子宮内膜の増殖を抑えて受精しても着床できない状態を作り妊娠を防ぎます。また、精子が子宮内に入らないように粘膜を作り妊娠を防ぎます。
有効成分:レボノルゲストレル

どちらも性行為後から24時間以内の服用で約95%以上と高い避妊率があります。しかし日本国内では発売が認められていない緊急避妊薬です。今では海外から個人輸入している通販サイトにて取り扱いされていて購入する事が可能となっています。サイト内で薬についての効果や使用方法も詳しく記載されているので安全性は高いです。時間や手間が省けて安く購入できるため参考にしてください。

アイピルは女性のお守り薬

緊急避妊薬アイピルの重要性

カップル

アイピル(緊急避妊薬)は性行為の避妊失敗による望まない妊娠を防ぎ、多くの女性にとって不安を解消してくれる緊急避妊薬です。
しかし妊娠を100%防ぐ薬ではないので、服用後にはきちんと生理がきたかの確認をご自身で必ず行なってください。
性行為後から服用までの時間帯を早める事で避妊率を高めるので、性行為後はなるべく早めに服用するように注意しましょう。
ご自身の身体へ影響する薬ですので薬の副作用についても充分に理解して服用してください。

世の男女の間にとってコミュニケーションを計るうえでも性行為は避けられないといえます。性行為を行なう事は全く問題ではありませんが妊娠へ直結する行為であり、何より妊娠は女性にとっての人生に大きく影響してくる出来事です。
妊娠に関しては女性だけの問題ではありません。夫婦間や恋人同士の関係に大きく関わる問題として男女ともに避妊方法に対しての意識を持ち、アイピルやコンドームといった避妊具を最大限に活用して取り組む事が重要なのです。
女性にとってアイピル(緊急避妊薬)は性行為の避妊失敗による望まない妊娠を防いでくれる、「もしもの時のお守り薬」といえます。日頃から常備する事で、もし緊急で必要となった場合にも女性の妊娠へ対する不安を解消する大きな役割を果たすでしょう。

ダイアン35

オススメページ

  • アフターピルとは

    アフターピルとは

    避妊に失敗した場合などに、事後に服用すれば高い確率で避妊できるアフターピルの詳細です。女性なら何があるかわからないので、どのような薬か、服用方法などを知っておきましょう。

    記事の続きを読む
  • 常備すべきアフターピル

    常備すべきアフターピル

    アフターピルは女性なら常備しておくべき薬です。産婦人科では必要な時にしか処方されませんが、通販なら事前に安く購入しておく事が可能です。緊急避妊したい時に慌てないようにしましょう。

    記事の続きを読む
  • アイピル服用方法

    アイピル服用方法

    緊急避妊薬アイピルの服用方法です。事後に服用するだけですが、避妊に成功しているかどうかの判断方法も解説します。確実に判断するには妊娠検査薬などで調べる事がお勧めです。

    記事の続きを読む
  • 低用量ピルとは

    低用量ピルとは

    日常的に避妊をしたい方は低用量ピルがお勧めです。毎日同じ時間に服用すればほぼ100%避妊できます。避妊以外にも月経痛、月経不順の緩和、ニキビ改善、不妊症の予防など様々な効果があります。

    記事の続きを読む

Copyright© 2016 アイピルなら緊急避妊も格安